アメックスグリーン 審査 限度額 年会費 マイル

MENU

ステータスの高さが魅力アメックスグリーンなら空港ラウンジ同伴者も無料?審査や年会費について調査

グリーン

 

「憧れのクレジットカードは?」と訊かれて真っ先に思い浮かべるのはどんなクレジットカードでしょうか。

 

バブル期にハイステータスの証として流行したこともあり、おそらく日本人の多くがアメックスカード(正式名称:アメリカン・エキスプレス・カード)と答えるかと思います。

 

例えば女性を誘ったディナーの会計のとき、海外旅行でホテルにチェックインするとき、この緑のカードを出したらかっこいいだろうな…
そんな風に考える男性は非常に多いのではないでしょうか。

 

アメックスカードは、グリーン、ゴールド、プラチナ、ブラックと順に格が上がっていき、アメックスグリーンはアメックスカードの中で一般カードと言われています。

 

一覧

 

「お金持ちが持ってそう」
「単純にデザインがかっこいい」
「持ってる人は海外に頻繁に行ってそう」

 

アメックスカードに対するイメージはそんな意見が多いですが、ゴールドを所有せずとも、このグリーンのカードで十分、そういった「ブランド力」は発揮されます。

 

 

アメックスグリーン 基本情報

年会費

12,000円+消費税

家族カード

年会費6,000円+消費税

ETCカード

年会費:無料

新規発行手数料:1枚850円+消費税

ポイント還元率

100円=1ポイント

 

 

 

【参考】アメックスゴールド 基本情報

年会費

29,000円+消費税

家族カード

1枚目無料・2枚目以降年会費12,000円+消費税

ETCカード

年会費:無料

新規発行手数料:1枚850円+消費税

ポイント還元率

100円=1ポイント

 

他社のクレジットカードであれば、ゴールドカードではない一般カードは年会費無料〜1,000円程度であることが多いですが、アメックスグリーンは12,000円の年会費がかかります。

 

アメックスグリーンカードが、一般カードでありながら格式あるステータスの高いカードと言われている理由は、『この年会費を支払う余裕がある人のみが持てるカードである』証だともいえます。

 

先ほど日本で人気があると述べましたが、もともと海外のブランドなので、特に北米をはじめとして世界的な知名度も抜群で、アメックスカードをもっていれば、海外でも「ある程度の収入やステータスがある人」とみられることでしょう。

 

ちなみにアメックスは、まずグリーンカードを所持してゴールドカードのインビテーションがくるのを待つ人もいますが、いきなりゴールドカードに申し込み・所持することも可能なカードです。

 

アメックスグリーンの審査基準と審査期間について

アメックスグリーンの審査基準と審査期間について

 

アメックスグリーンの審査は厳しいのでしょうか?

 

ステータスが高いことで有名なアメックスですが、今はそれほど審査が厳しすぎるなんて事はありません。
『個人事業主やフリーランスはクレカを持てない』なんて言われていた時代もありましたが、今ではアメックスのカードを所持している個人事業主様もたくさんいます。

 

どのくらいの年収がある・年齢などアメックス側が公式データを公表していないため一概には言えませんが、アメックスグリーンであれば年収300万円程度から対応可能だといわれています。

 

しかし、フリーターやパートといった正社員でない方が審査に受かる事はむずかしいでしょう。

 

年収300万以上の正社員である事が第一条件だと思ってください。

 

アメックスグリーンカードを持てる年齢に関しては20歳以上である必要があります。
最初からアメックスゴールドの審査申し込みをしたいという方は、25歳以上で年収は500万円ほどという噂もありますから、どちらのカードに申し込むかの基準となりそうですね。

 

また審査時の在籍確認ですが、電話がかかってくるケースは少なく、連絡先も勤務先か申込人宛か、どちらかに限定されているわけではないようです。

 

消費者金融などと違い、職場に在籍確認が来たとしてもアメックスなら恥ずかしく思うこともないでしょう。

 

審査には通常3週間ほどかかり、カード発行までには1ヶ月ほどかかります。

 

余裕を持った申し込みを心がけたいですね。

 

他社のゴールドカードの年会費を見ると、アメックスグリーンの年会費12,000円+税よりも低いカードは存在すると思います。

 

ステータスなんていらない!特典も使わない!
もしものときのクレジットカードで通常はニコニコ現金払いだ!という方には年会費のかかるアメックスはオススメできません。

 

しかし、「誰もが憧れるカードを持つ」というステータスを手に入れ、魅力的な特典を最大限に利用したいならアメックスグリーンカードは持つべきカードだといえるでしょう。

 

また、アメックスはVISAやMASTERなどの国際ブランドがついていないプロパーカードのため、「日本では使いにくいカード」なんて言われていた時期もあるようですが(国際ブランドがついていれば、そのブランドの加盟店であればどこでも利用できます)、最近ではアメックスの加盟店も続々と増えていますし、加入キャンペーンも行い審査条件が以前に比べるとハードルが下がっているという方もいます。

 

キャンペーン

(Apple Payにも対応しています。)

 

また現在、カード利用で最大15,000ポイントのボーナスポイントがもらえるキャンペーン中です!

キャンペーン

 

ぜひこの機会に、アメックスグリーンを申し込みしてみませんか?

 

 

アメックスグリーンが海外旅行に役立つ!?

アメックスグリーンが海外旅行に役立つ!?

 

カード支払いのたびにポイントがたまるアメックスグリーンカード。
ステータス面だけでなく特典面やサービスも気になるところですよね。

 

ポイントの利用・マイルへの交換について

 

たまったポイントは、提携各社のポイントに交換したり、アメリカン・エキスプレスが厳選したブランド・体験アイテムと交換できます。

 

まず、気になるマイルへの交換について解説していきます。

 

ANAマイレージクラブを例にすると、通常2,000ポイントで1,000マイルに交換可。
※「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加費5,000円(税別/年間)が別途必要となります。

 

一覧

 

さらに年会費3,000円+税の「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すれば、1,000ポイント=1,000マイルと還元率が2倍になります。

 

マイル>

 

したがって、カード利用からのマイル還元率は0.5〜1%なので、クレジットカードの中では平均的な数値といえるでしょう。

 

ポイント還元率

100円=1ポイント

マイル還元率

2,000ポイント=1,000マイル

or

1,000ポイント=1,000マイル

(メンバーシップ・リワード・プラス登録)

 

マイル

 

マイルをためることに特化するなら、ANAアメリカン・エキスプレスカード(マイル還元率通常1%)等の航空会社提携カードもおすすめですが、アメックスグリーンの人気、ステータスはそのデザインによるところも大きいので、ステータス目的で作るのであれば、やはりアメックスグリーンを選んだほうが無難でしょう。

 

 

旅行先で使える・カード会員サービスについて

 

アメックスグリーンをもっていると国内外の旅行でサービスが受けれます。

 

まずは空港ラウンジ。
海外旅行へ行く際、手続きのために何時間も前に空港に到着しなければいけないものの、手続きが終われば時間をもてあましてしまいませんか?

 

機内食が出るから食事も出来ない、買い物も荷物を増やしたくない、混雑した待合席で座っているだけというのは肩身が狭く過ごし辛いと思っている方も多いです。

 

アメックスグリーンをお持ちの会員なら国内主要空港はもちろん、仁川国際空港、ハワイ ダニエル K イノウエ空港(旧ホノルル国際空港)の空港ラウンジを無料で利用できます。

 

空港ラウンジの利用は各クレジットカード会社が特典として付けているサービスですが、アメックスグリーンの場合は同伴者1名も無料になります。

 

同伴者は別料金を取られる事もありますからアメックスグリーンのサービスは人気です。

 

また、空港クロークに無料で荷物を預けることができ、空港内の対象店舗で利用可能な1,000円分のミールクーポンを航空券1枚につき1枚発行してくれるため、空き時間を快適に過ごすことができます。

 

他にも…

 

・最高5,000万円の旅行傷害保険
・海外旅行先での日本語サポート
・無料ポーターサービス
・手荷物無料宅配サービス
・海外用レンタル携帯電話特別割引

 

などなど、快適に旅行ができるような特典が多数あります。

 

どうでしょうか?
アメックスグリーンが他社の一般カードをは違うということがわかりますよね。

 

アメックスグリーンとアメックスゴールドを比較!

アメックスグリーンとアメックスゴールドを比較!

 

25歳以上で年収500万円ほどの場合、アメックスグリーンでもアメックスゴールドでも持てる可能性があるわけですが、どちらが良いのでしょうか。

 

グリーン

ゴールド

年会費

12,000円+消費税

29,000円+消費税

家族カード

年会費6,000円+消費税

1枚目無料・2枚目以降年会費12,000円+消費税

ETCカード

年会費:無料

新規発行手数料:1枚850円+消費税

年会費:無料

新規発行手数料:1枚850円+消費税

ポイント還元率

100円=1ポイント

100円=1ポイント

 

 

年会費に関してはアメックスグリーンのほうが安いです。
アメックスゴールドは年会費が高い分家族カードが無料なので、アメックスグリーンと比較して利用者の年齢層がやや上といったイメージでしょうか?

 

先ほども少し述べましたが、会員サービスにもアメックスグリーンとアメックスゴールドではいくつか差があります。
旅行関係の割引や、ショッピングのプロテクション、優待が受けられる施設など、アメックスゴールドのほうがやはり充実しています。

 

例えば…

 

会員専用の旅行予約サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン」

 

世界的なステータスを持つアメックスならではの旅行プランを、リーズナブルな料金で利用できます。
世界中からの厳選された高級ホテルが、こちらのサイトを経由して予約することで割引になるほか、ホテルとレンタカーを予約した際はポイントの還元率が2倍になります。
割引サービスは随時更新されますが、どれを選んでも申し分のない旅行プランになること間違いなしでしょう。

 

プリファード・ゴルフ

 

通常295米ドルのプリファード・ゴルフに無料で登録できます。
また、世界70か国以上の提携ホテルに2泊以上宿泊することでホテルが提携するゴルフコースのプレー代(1ラウンド/1名分)がなんと無料になります。
主な提携ホテルは、ハワイのマウナ ラニ ベイホテルズ アンド バンガローズ(マウナ ラニ サウスコース)、カリフォルニアのコードベール ア ローズウッド リゾート(コードベールゴルフ クラブ)などなど…
普通に申し込めば1名1〜4万円ほどの一流のゴルフコースばかり。
海外旅行でゴルフを手配することがあれば、簡単に、しかもリーズナブルに一流のホテルとコースが決められます。

 

いかがでしょうか?

 

海外旅行の特典を主に挙げてみましたが、プレミアム感がやはり違いますね。
所有者は多忙なビジネスマンが多いと想定されるカードですが、こういったサービスに任せておけば、時間がない中でもスマートに旅行プランを立てられることでしょう。

 

他の特典については、アメリカン・エキスプレスの公式HPで検討中のカードを簡単に比較できるので、どちらかで迷っている方はぜひ比較してみることをおすすめします。

 

また、プラチナカードを保有するにはアメックスゴールドの会員へインビテーションが必須なので、プラチナ、ブラックカードへのステップアップを考えている方にも、アメックスゴールドはぜひおすすめです。

 

他の参考になるサイトたち