クレジットカード審査の仕組み、通る人と通らない人の違いを解説

MENU

クレジットカード審査ってどういう仕組み?通る人と通らない人の違いとは

アイキャッチ

クレジットカードが欲しいけど審査が不安…
どういう仕組みで審査しているのか知りたい、または通る人と通らない人の違いが知りたい、という方は多いのではないでしょうか。

 

これから、クレジットカードの審査の仕組みや、基準について解説していきます。

 

クレジットカードの審査ってどんな仕組みなの?

アイキャッチ

クレジットカードの審査って何をチェックされるの?どんな仕組みなの?と気になる方も多いのではないでしょうか。審査に落ちてしまった方にとっては、なおさら知りたいですよね!
クレジットカードの審査では、どのようなことをチェックされるのでしょうか。

 

スコアリング

クレジットカードの申し込み時には、勤務先や勤続年数、年収、年齢、持ち家かどうかなどについて記入します。実はこれらの項目(属性)はそれぞれ点数化され、合計得点を標準の値と比較して基準を満たしているかどうかをチェックされます。

 

信用情報機関の情報

信用情報機関には、私たちのクレジットヒストリー(クレジットカードやカードローンの申し込み状況、利用状況、返済状況、債務整理の情報など)が記録されています。
それをチェックし、返済能力がある人なのか、責任をもって返済しているかどうかなどをチェックします。

 

本人確認や在籍確認

申し込みしたのが本人なのかどうか、申込書に記入した勤務先に間違いか無いかどうかなどのチェックが行われます。自宅や勤務先に直接電話をするという形で行われることが多いでしょう。

 

これらを総合的に見て、クレジットカードの審査に通るかどうかが決まります。

 

クレジットカードの審査に通る?クレジットカードの一般的な審査基準を知りたい

アイキャッチ

クレジットカードにはどのような審査基準があるのか。審査基準はそれぞれのカードによって違うため一概には言えませんが、そのカードの申し込み基準を満たしているかどうかを申し込み前にチェックしておきましょう。

 

まず、申し込みできる年齢の基準を満たしているかどうかをチェックします。ほかにもクレジットカード会社によっては年収や雇用形態、勤続年数などの規定がある可能性もありますから、申し込み基準をよくチェックしてくださいね。

 

一般的な審査基準として重視されるのは、返済能力があるかどうか、収入が安定しているかどうか、居住場所が明確かどうか、資産があるかどうか、真面目にお金のやりくりをしてしっかりと返済出来そうかどうかなどがチェックされることになります。

 

これらを判断するために、先ほどお話したようなスコアリングや信用情報機関の情報が参考にされるのです。

 

クレジットカードの審査に通らないのはなぜ?

アイキャッチ

クレジットカードの審査基準はそれぞれのカードによってまちまちなため、あるカードでは審査に通る人でも、別のカードだと審査に通らないということもあります。
クレジットカードのステータスによっては、審査に通る通らないが変わってくるでしょう。
審査に通らなかったのは、もしかしたら審査基準が厳しいクレジットカードだったからなのかもしれません。

 

だからといって、手あたり次第にいろいろなクレジットカードに申し込みをするのはあまりおすすめできません。なぜなら、クレジットカードの申し込みをしたという事実が信用情報機関に一定期間残ってしまうからです。

 

短期間のうちにたくさんのクレジットカードに申し込んでいると、あなたの情報を照会したクレジットカード会社などにはあまりいい印象を与えません。もしかしたらお金に困っているのではないか?どこの審査にも通らないような人なのではないか?などと思われてしまい、審査に落とされてしまう可能性もあります。

 

クレジットカードを申し込む時には、安易に申し込みを始めず必ず審査基準を満たしているかをチェックしてからにしましょう。

 

審査に通る人、通らない人の違いは?

アイキャッチ

クレジットカードの審査が通る人、通らない人の違いってなんなの?やっぱり年収が全てなの?と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、年収が多いのにクレジットカードの審査に落ちてしまった!という方もいらっしゃるかもしれませんね。
実は、年収が多ければ必ず審査に通るとは限らないのです!それはなぜなのか、詳しく見ていくことにしましょう。

 

審査に通る人の特徴とは?

クレジットカードの審査に通る人の特徴として挙げられるのは

・安定した収入が継続してある
・勤続年数が長め
・クレジットカードなどの返済実績を確実に積んでいる
・他社での借り入れが少ない

 

などが挙げられるでしょう。
もちろん、収入は多いに越したことは無いでしょうし、大企業で正社員の方が有利ではありますが、収入が多くても借金が多ければ審査に落ちる可能性も高いのです。

 

審査に通らない人の特徴とは?

一方で審査に通らない人の特徴としては

・勤続年数が短い
・安定した収入が無い
・クレジットカードやカードローンなどの返済を延滞している
・数社からの借り入れがある
・短期間のうちにクレジットカードやカードローンなどにたくさん申し込みをしている
・債務整理をした
・携帯電話の料金を滞納している

 

などが挙げられます。

 

自分はなぜクレジットカードの審査に通らないんだろう・・・と思っている方は、「審査に通らない人の特徴」に当てはまっているものが無いかどうか、もう一度チェックしてみましょう。

 

審査に落ちる理由が「クレジットヒストリーが無いから」というケースも?!

これまでクレジットカードを所持したことが無い、カードローンなどでお金を借りたことが無い、各種ローンなどを組んだことが無い・・・という方もいらっしゃると思います。
当然借金など全くないですし、審査に有利な気がしますよね?
しかし実は、クレジットヒストリーが無いために審査に落ちてしまうケースもあるようなのです!

 

まだ社会人になりたての方や学生などは、クレジットヒストリーが無くても無理はありません。しかし、ある程度の年齢の方(30歳以上くらい)で全くクレジットヒストリーが無いという場合には注意が必要です。このような状態は、「スーパーホワイト」などとも呼ばれます。

 

これまでクレジットカードなどで返済を行ってきた実績が全くないわけですから、クレジットカード会社としては返済能力がある人なのか、責任を持って返済してくれる人なのかどうかを判断できる材料が非常に少なくなってしまいます。
さらに、自己破産をした後なのではないか?などという疑いをかけられてしまうこともあるようです。
今までクレジットカードを持たずに現金で買い物をし、真面目にやりくりしてきたのに信用されないなんて納得がいかない!と思ってしまいますよね。

 

ちなみにクレジットヒストリーは、携帯電話を分割払いで購入することでも作ることが可能なようですよ。

 

クレジットカードの審査は信用情報とスコアリングで決まる?!

アイキャッチ

クレジットカードの審査で重要なのが、スコアリングと信用情報だということは先ほど審査の仕組みのところでも少しお話ししました。
信用情報とスコアリングについて、もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

 

審査時にはスコアリングによってランク分けされる!延滞があるとどうなるの?

先ほども少しお話しましたが、クレジットカード申し込み時には「年収、勤務先、勤続年数、職業、年齢、持ち家かどうか、今の家に何年居住しているか、配偶者の有無、住宅ローンなどの有無・・・」などの属性を記入することになります。
これらは全て点数化され、ランク分けが行われます。そのランクによって、審査に通るかどうかが決まるわけです。

 

ちなみに、独身よりも配偶者がいたほうがスコアが高くなりますし、持ち家で居住年数が長い方がスコアが高くなります。
そして職業や勤務形態などによっても、細かくスコアが決まっています。

 

しかしスコアリングによってランクが高かったからと言って、絶対に審査に通るとは限りません。信用情報をチェックして延滞などがあった場合には、クレジットカードの審査には通らないのです。

 

信用情報って何?信用情報機関にはJICC、CICなどがある!

私たちのクレジットヒストリーが登録されている「信用情報機関」は、日本に3つあります。

 

一つが、株式会社日本信用情報機構(JICC)で、信販会社や消費者金融、カード会社、金融機関、保証会社、リース会社などが加盟をしています。

 

二つ目が株式会社シー・アイ・シー(CIC)。貸金業法や割賦販売法の指定信用情報機関となっており、貸金業者やクレジットカード会社などが加盟をしています。

 

さらに三つ目が、全国銀行個人信用情報センター(KSC)です。銀行などの金融機関、農協などが主に加盟しています。

 

これらの信用情報機関には

・クレジットカードやローンなどへの申し込み状況
・クレジットカード利用やカードローンなどの借り入れの状況
・返済の状況
・延滞などがあるかどうか
・債務整理をしているかどうか

などの情報がすべて記録されています。

 

延滞を繰り返していたり債務整理をしていたりする場合にはいわゆる「ブラック」と呼ばれる状態になり、クレジットカードを作るのは難しいでしょう。

 

自分のクレジットヒストリーがどうなっているのか知りたい、以前延滞をしたことがあり、その情報が消えたかどうかを知りたいなどという場合には、これらの信用情報機関において「情報開示」を行うことによって調べることができます。手数料1,000円程度を支払えば郵送、インターネットなどで開示を行うことができますので、自分の信用情報を確認しておきたいという方はぜひ情報開示を行ってみてくださいね。

 

クレジットカードヒストリーは延滞で傷がつく

クレジットヒストリーに傷をつけてしまう行為は、やはり「延滞」です。
信用情報機関によっても異なりますが、クレジットカードの返済が2〜3ヶ月以上遅れると信用情報に金融事故を示す「異動」が表示されてしまいます。

 

この「異動」が消える期間は信用情報機関によっても異なりますが、5年程度は消えないと思っておきましょう。
異動が表示されている間はクレジットカードの審査に通るのは難しいですから、くれぐれもクレジットカードやカードローンなどの返済を延滞しないように気をつけましょうね。

 

 

クレジットカードの審査の仕組みや審査に通る人、通らない人の特徴などについてお話してきました。
クレジットカードの審査では、属性によるスコアリングを行ったうえで、信用情報機関の情報が参考にされます。いくら年収が多くても、信用情報(クレジットヒストリー)に傷があった場合には審査に通るのは難しいでしょう。
信用情報に不安がある方は、各信用情報機関で事前に情報開示を行ってみるのも良いかもしれませんね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加